Kind Regards。

英国ネタをこつこつ載せてまいります。

Food & Drink (グルメ事情編)

前回の続きです。

この手の番組の何が面白いかというと、今までほとんど意識しなかった「外から見た日本」にあらためて注目させられるところです。

例えば、お寿司はもともと江戸時代のスナック的な存在だったとか、「カリフォルニア巻き」(California roll)は、カリフォルニアのホテルで働いていた日本人が考案したもので、脂の乗ったトロ(tuna belly)が口に合わないアメリカ人のためにアボカドを使い、海苔(seaweed)がダメなアメリカ人のために、わざわざ内側に巻き込むという創意工夫があって生まれたものだとか、今まで自分で調べようともしなかったことです。


あと話題が身近なだけに、英語の勉強にももってこいでしょう。

その昔・・・、「ニギリってのはねえ、まず横にしてから食べるもんだよ!」と鮨屋の頑固オヤジに怒られながら作法を教わったことがあります。つまり握り(Nigiri)というのは、まずコテンと横に傾けてから、そのままネタの端っこにむらさき(醤油)をちょっとだけ付けて食べよ、ということなのですが、意外にこういうのが英語でちゃんと言えなかったりするものです。

番組を観ていると、案内役の女性が、
「When you put it in your mouth, put it sideways」(口に入れる時に、横にするのよ)と解説。
口の中でネタとシャリがより良い感じでミックスされるからだとのことで、横にするにはそういう理由もあったのかと新発見でした。

これがもし、既に置かれている握りを「横に倒す」のであれば、「turn it sideways」でしょうかね。

醤油はもちろん「soy sauce」、ガリは普通に「ginger」、イクラは「salmon roe」、ワサビは「Japanese horseradish」ですが「wasabi」でもOK。
あと「大将」は「Sushi master」と呼ばれていたのがちょっとおもしろかったですね。


さて、イギリスにも回転寿司(conveyor belt sushi bar)のお店がちゃんとあります。

私が日本にいた頃にたまたま観た番組で、イギリスの回転寿司マーケットをねらうべく、日本の回転寿司が進出しようとしたものの、結局採算が厳しそうでやめたとか、確かそういうのを取り上げていたのを思い出します。

リーズナブルな値段で、たくさんの人に食べてもらいたいというコンセプトの回転寿司にとっての悩みのタネは、やはり魚のコスト。人気のあるネタほど乱獲が進みやすく、お寿司が「Sushi」として世界中に広まれば広まるほど、そのスピードにも拍車がかかります。

そこで生まれるのが「代替魚」(alternative fish)の発想で、ホントは違う魚なんだけれど、味がよく似ているし安いので、代わりに使おうというものです。

イギリスではその一つが「ザリガニ」(crayfish)。
日本人からするとエーッと思うのですが、イギリスではレストランのメニューに登場したり、カフェのサラダに入っていたりと、別にゲテモノ的な印象は特になく、ごく普通の食材と言っていいでしょう。

ここでは高いエビの代わりとして使うのが目的で、ボイルして中の身を細かくほぐし、臭みを消すべく、マヨネーズや七味などとよく和えて、軍艦巻きのようにして商品化に励む様子を見た覚えがあります。(今でもやっているのかわかりませんが)

このイギリス回転寿司の巨人というのが、「Yo!Sushi」で、私も一回だけ挑戦したことがあります。
名前と見た目のダブルな怪しさとは裏腹に、無難にサーモンとか、マグロの赤身とかを食べる分にはまあ大丈夫。。。イギリス人が食べる「Sushi」を体験してみるのも面白いかもしれませんが、せっかくのイギリス滞在の中、無理して行くこともなく、別にオススメはいたしません。

P9290138














■お寿司(Sushi) ※握りは「Nigiri」、巻き物は「Maki」ですが、これもやはり日本通の人にしか通じません。
■海苔(Nori, seaweed) ※これも同じく、まだまだ「Nori」としての知名度はいまひとつ。
■代替魚(alternative fish)


旅行でイギリスを訪れる場合、ホテルなどでゆっくりテレビを観るということはあまりないかもしれません。

イギリスのテレビはつまらない!!という人も多いのですが、たまーに日本文化を紹介するエンタメ番組をやっていることがあり、これはかなり楽しめます。

最近私が観たのは、グルメなイギリス人が日本文化に触れながら、食べ歩きの旅をしていくというシンプルなもの。日本のように変にクイズ形式になっていたり、芸人がたくさん出て来たりせず、ゴチャゴチャしていないところが◎です。


その番組に登場する彼らは、食べ歩くだけでなく、自分たちでも料理を作っていました。

まず、「日本人に大人気のラーメン(ramen)を作ってみよう」ということで、わざわざ富士山の見える所へ繰り出して、アウトドアスタイルで挑戦。袋に入った生めんを手に、「これがラーメンですよ!!」と興奮気味に紹介するのですが、なんかこう、あまり見たことのない銘柄です。

スープ(broth)をとるところまではいいとして、ラーメンの具の中に、チャーシュー、味玉、人参、しめじ、えのき、しいたけ・・・と、随分モリモリと入り、どんどんイギリスナイズされていきます。そして、「仕上げにこれです」と、かつおぶし(tuna flake)を振りかけてました。。

肝心の麺は伸びきっているように見えましたが、それは全く気にならないようです。イギリス人の料理というのは、手を加えることこそが醍醐味と思っている節があり、「Simple is best」では物足りないのでしょうね。



その後、お寿司も、精進料理も、お好み焼きも、おいしいおいしいと平らげていたグルメな二人でしたが、彼らが唯一「ウエー」と顔をしかめていたのが、なんと「メロンパン」。
(これは英語で「Melon bun」と表現されていました)

日本ではメロンパンが嫌いだという人をあまり見たことがありませんし、それどころか「海老名サービスエリア」のメロンパンなどは一時期人だかりができるほど話題になったぐらいです。外国人にとっても、別にトリッキーな食べ物じゃないと思いますよね。


しかし、よく思い返してみると・・・・

イギリス人というのは、しょっちゅうサンドイッチを食べているくせに、
「日本にはフルーツ・サンドイッチというものがあって、これが実に美味しいのだ。」と教えてあげると、エーッと驚き、「それはゴハンとして食べるのか、デザートとして食べるのか?」と質問してくるのです。


番組でイギリス人が食べていたのは、やはり海老名名物、果汁入りのグリーンカラーのメロンパン。
当の二人にとっては、その色もイヤだったのか、「うーん、スポンジケーキに壁紙塗料とマニキュア落としを混ぜれば、メロンパンができるね・・・」というのが何とか絞り出したコメントでした。

フルーツ・サンドイッチへの反応から想像するに、イギリス人にとっては、パンはあくまで「ゴハン」であり、甘いフルーツやクリームと一緒にされてしまうのが気持ち悪いのでしょう。おそらくメロンパンも同じで、食感(texture)がどうこうではなく、パン生地にあまーいメロンの風味をミックスされたりする時点で、もう受け付けられないのだと思います。

日本人にあてはめてみると、おにぎり(rice ball)の中にカットメロンやメロンクリームが入っているような感じなのですかね。
・・・そう考えると、確かに許せないような気がします。

そこまでいかなくとも、「酢豚にパイナップルは許せない!」というのと、同じような感覚なのかもしれません。


■ラーメン(ramen, ramen noodle) (※相手が日本通でない限り、「noodle」と言わないと通じないでしょう)
■味玉 (marinated egg)
■しいたけ(Shiitake mashroom)、しめじ(Shimeji mashroom)

↑このページのトップヘ