Kind Regards。

英国ネタをこつこつ載せてまいります。

Food & Drink (グルメ事情編)

よく「デザートは別腹だから」と言ったりしますが、この「別腹」がホントに存在するのか検証する番組を昔観たことがあります。

メインを食べ終えたモニターの女性たちがデザートの話をし始めた瞬間から、たしかに胃の中にググッとスペースが出来ていく様子が映し出されていました。脳から、「せっかくデザートが来るんだから、もうちょっとがんばれ!」という指令が出るのだとのこと。

じゃあ、最初からケーキの食べ放題に行った場合はどうなるのかと思ってしまうのですが・・・。


これと同じかどうかは別にして、例えばフランス人からクロワッサンをもらったり、イギリス人に紅茶を淹れてもらうと、もうそれだけで美味しいような「気がする」のも、たぶん脳の仕業でしょう。

「孤高のグルメ」のごとく本当に美味しいものを求めたりするのも、それはそれで奥深くて面白いと思うのですが、単に雰囲気とか、気分とか、一緒にいるメンツだとか、美味しい「気がする」と感じられる瞬間の方が、実はハッピーなんじゃないかと最近思ったりします。「本当に美味しい」とは一体何なのかと。
たとえイギリスに美味しいものが少なくても、クラシックなパブに入って「フィッシュ&チップス」を注文し、「Enjoy!」などと店員さんにニッコリ笑顔でサーブされるとそれだけで、日本からやって来た人たちは知らず知らずみんな満足そうな表情を浮かべているような気がします。



それはさておき、イギリスのお土産に何か手頃なお菓子を・・・と考える人はきっと多いことでしょう。

ヒースロー空港には「フォートナム&メイソン」(Fortnum & Mason)のショップもあるので、時間が無い場合にはここでお菓子や紅茶をまとめて買ってしまうのも、良いアイディアだと思います。

IMG_1709


無難なのはビスケットやショートブレッド。
日本に住んでいると、おやつに本格的なビスケットを自分で買って食べるということはあまりありませんし、イギリスのものは、ジンジャー、レモン、アーモンド、紅茶味・・・などと種類も豊富なので、人にあげるときっと喜んでもらえるでしょう。


で、私も帰国する時には定番のビスケットを買ったりするのですが、以前「たまには何か違うものを・・・」と思って、このフォートナム&メイソンから出ていた「ダークチョコレート・セレクション」というのを一度試しにお土産に買って、自分もちょっと味見してみたことがあります。



・・・・これが大失敗!!


使っているカカオが悪いのか、加えているフレーバーが悪いのか、両方なのか・・・。
とにかく人工的なフラワー系の香りがするのにガマンができず、とても食べられませんでした。

「チョコレートが不味い!」という経験は日本であまりできないですし、フランスやベルギーのチョコでも当然考えられず、こういうところが実にイギリスらしく。今も売っているかわかりませんが、もし見かけたら気をつけましょう。


逆に日本に買って帰って、割と評判がいいチョコレートは「シャンパントリュフ」。

実は個人的にはそこまでファンでもなく、1個食べれば「もういいや」と思ってしまうのですが、日本であまり無いようなアイテムだからか、受けはいいです。


↓ おそらくイギリスで一番有名なブランドのもの。ガイドブックにもよく載っています。

IMG_1900



↓ シャンパントリュフはフォートナム&メイソンでも大丈夫。

IMG_1901



↓ これはトリュフというか、また違うブランドのギフト用ボックス。ここのも大丈夫。


IMG_1702


↓ まだトライしてませんが、こんなチョコレートブランドも。
「innovative」という文字が不安を掻き立てます。

IMG_1712


そうは言っても紅茶とセットで渡すことを考えれば、チョコレートなどにトライするよりも、やっぱりイギリス定番のビスケットやショートブレッドが一番いいのかもしれません。




ところで、日本人にとっては普段からあまりにも見慣れすぎて、素通りしてしまいがちな日本のデパ地下の洋菓子たちってありますよね。「ヨッ●モッ●」とか「メ●ー・チョコレート」とか・・・。
でも、あらためてヨーロッパのお菓子と食べ比べてみると、とてもレベルが高いことに気付かされます。

なので、例えばイギリス人に何かちょっとした手土産を渡したいというとき、「日本らしいものを!」と意気込んで無理に和菓子を選ぶよりも、日本のおいしい洋菓子をあげた方が実は喜ばれたりするのです。
(特に羊羹など重いですし、あれを好むイギリス人はごく少数派なので避けた方がいいかもしれません)

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ 

イギリスで何か美味しいものを・・・という時、またイギリスらしいものとして何を食べたらいいか迷った時、一つのオススメがインドカレー

あまりガイドブックなどではスポットが当たらないジャンルですが、日本から人がやってきた時にはよく案内しますし、そして必ずと言っていいほど好評です。


もちろん日本にあるインドカレーのお店も美味しいとは思います。

今でこそ当たり前感がありますが、10年以上前、インド人がつくって、インド人がウェイターとしてサーブ(serve)してくれるカレー屋さんなどは地方ではまだまだ珍しく、インド人がいるというだけで美味しさがupしているように思えたものです。

けれど、今にして思えば、イギリスのものと比べてみると、どこか日本人向けにスパイスを手加減しているというか、日本人の舌に合うようにマイルドに仕上げているような気がしてなりません。

それに、「お得なランチセット」とかいって、何種類かのカレーが小さな小さな器に盛られて出てくるところも、なんだか日本の幕の内弁当のコンセプトに通ずるものがあるようで、「合わせてくれている」感じが。
まあこれはこれでいいのですが、結局どれも味わった気がしなくて、「あー、Cセットにしとけばよかった・・・」などと、お得感というよりもヘンな煩悩が残ったりすることもあったりします。

そういう意味では、本当に本場仕込みのカレーをストレートに体験できるのは、むしろイギリスの方でしょう。


また、前回でもご紹介したとおり、カレーの隠れた大きな魅力というのは、地雷が多いイギリスの中にあって、飛び込みで入って(pop in)みてもハズレをひく確率が小さいことです。

「飛び込みで」というのは、実は一つのポイント。

私もこれまでに、「高級インド料理」とか、「モダン・インディアン」といったお店にトライしてみたことはあるのですが、どうも何かが物足りません。物足りないというか、これを和食に当てはめて考えてみると、「高級うどん」とか「モダンおでん」と言われているみたいで、あんまりしっくりこないのです。

インド料理と一言でいっても歴史がある分、奥は深いでしょうし、カレーをナメるな!と怒られそうですが、
日本でもカレーのイメージと言えば、それこそレトルト(ready meal)だったり、ココイチや駅ナカの狭ーいお店だったり、休日にお父さんが突然作り出したり、キャンプの定番だったり・・・などなど、とにかくライトで、親しみやすいものであるはず。
だから、あんまりかしこまって、高級だとかモダンとか、ミシュランの星が・・・とか言われても、それほど惹かれないような気がするのですよね。


例えば、たまたまこの前行ったお店 「Gaylord Restaurant」。 

ロンドンの中心部、「Oxford Circus」(オックスフォード・サーカス)という駅から歩いて5分ほどの所にある老舗インド料理屋さんです。

P3070031

(↑ やや高級の部類か。佇まいもそんな感じです。)


知り合いが来るということで、ちょっと良さそうなお店をと思い、珍しく予約をしてみたのです。

しかし土曜日のお昼時なのに店内はずっとガラガラ。
「誰も来ませんねえ・・・」と言いながら、食べている1時間半ほどの間、お客さんは結局我々だけでした。完全に予約不要です。

確かにイギリス人にとってカレーはディナーメニュー。ランチに食べにくる人はあまりいないのですが、それでも少なすぎ。正直、場所代のせいもあってか、ポーションが小さく、割高感が結構ありましたし、そういうのも原因だったのかもしれません。

それだったら、安くて、ザワザワしてして、スパイスの香りで満ちているお店の方がカレーのイメージに合うわけであって、ガイドブックやブログなどに従うのではなく、カレーな気分になっている時に、自分の勘を信じて「飛び込むこと」をオススメしたいと思うのです。


・・・そうは言いつつも、上のお店。大通りから一本裏に入っているとはいえロケーションは素晴らしく、サービスもていねいで、上品な感じなので、喧噪を避けて落ち着いて食事を楽しみたいという人には、結構いいかもしれませんね。
基本的に、ロンドンの観光地や、オシャレな通りなどに行けば行くほど、インド料理屋を探しにくくなりますので、このような立地にあるお店というのは意外に重宝するかもしれません。

■予約(reservation, booking)、予約する(make a reservation, make a booking)
■高級な(high-end, exclusive, posh)

「銀座カリー」というレトルトカレーがあります。

たしか私が学生の頃からありましたので、もう結構なロングセラーではないでしょうか。
ブイヨンのおかげなのか、何と言うか、他のレトルトカレーには無いような味であり、中村屋のカレーほど高くもなく、ついつい手が伸びてしまうのです。

「レトルトなんて・・・」と言われそうですが、この銀座カリーのように、ロンドンの日本食材店でもなかなか手に入らないようなレトルト食品は、生活の中において一気にその価値が跳ね上がります。いったん入手すると、レトルトとはいえすぐに食べてしまうのは勿体ないので、普段はキッチンの戸棚に忍ばせておき、「まだおられる」という安心感をかみしめつつ、ある日気持ちがピークに達した段階で、ここぞ!と封を切るわけです。


銀座カリーのウェブサイトには、「ドミグラスソースをベースにした英国風カリー」などと紹介されていますが、やはりこういうのはイギリスに対する誤解を招くと思いますね。
「英国風マッサージ」もさることながら、「英国カリー」や「英国風カリー」というのはイギリスには存在しないので、あくまで日本で作り上げられたイメージにすぎません。(これが本当に英国にあったらいいのですが)


じゃあイギリスにカレーはないのかというと、全くその反対で、そこらじゅうにインドカレーの店があふれています。
かつての植民地であったということで、インド系のイギリス人というのは実に多く、イギリス食文化の中にもしっかりと根を下ろしているのです。

よって、ロンドンに着いて何を食べようかと迷った時、せっかくならばイギリスらしいものを食べたいなあという時、一度ぐらいはインド料理屋さんに飛び込んでみると良いかもしれません。


何せ数が多いので、わざわざネットで調べなくても、レストランの集まっているあたりを適当にウロウロしていれば、「Indian restaurant」、「Indian cuisine」、「Tandoori」などと看板が出ており、すぐにそれと分かるでしょう。
細かなことを言うと、インドだけでなく、パキスタン、ネパール、バングラデシュ料理のレストランでも、カレーやタンドリー料理を食べることができます。何が違うのか未だによくわかりませんが・・・。



イギリスのガイド情報などを見ると、東ロンドンの「Brick Lane」という通りに行って、美味しいインドカレーを食べよう!などと勧めているケースがあります。

確かにこのエリアは特にインド料理屋が多いことで有名なのですが、周りに見るようなものは何もないですし、ロンドン中心部からも少し離れています。よっぽどのカレーファンでない限り、せっかく観光に来ている人が、わざわざカレーを食べるためだけに地下鉄に乗っていく価値は無いんじゃないでしょうか。
それに、「この通りにはインド料理店が立ち並ぶ」と言われても、別にハシゴするわけでもなく、入るのはどこか一軒ですから、あまり意味がありません。

また、そんなに心配しなくても大丈夫なのですが、ロンドンの東側というのは再開発が進んでいるものの、あんまり治安の良いとされるエリアではありません。今から120年以上前、「切り裂きジャック」(Jack the Ripper)の舞台となった「Whitechapel」(ホワイトチャペル)という場所もまさにこのあたりなのです。


わざわざそんな遠征をしなくても、インド料理で一番ありがたいポイントというのは、大量のスパイスを使っているおかげか、ハズレを引く可能性がほとんどないことです。

つまり、飛び込みで入るレストランでも十分に楽しめるということであり、お腹が空いている時、カレーな気分になっている時に、勘とフィーリングで選んでみるのが良いのではないでしょうか。


■「レトルト」は和製英語で、通じません。チンして食べられるようなものは、「Ready meal」とか「Microwave meal」などと言えばいいでしょう。冷凍食品なら「Frozen meal」ですね。
■ロングセラー(long seller)、ベストセラー(best seller)

前回の続きです。

グルメを楽しみにイギリスに来る人はあまりいないでしょうが、せっかくなら美味しくて、ちょっとでもイギリスらしい料理を食べたいと思うのが人情というもの。
そこで、前回出てきたような「Wagyuと比べてみるべく、ロンドンを訪れた時のディナーに、高級ステーキハウスなどはいかがでしょうか。

私も日本からの来客があった時、どこか一緒に食事に行くなら、このステーキハウスをプランに組み込もうとします。特別な時(special occasion)の「ごちそう」という感じがしていいですし、その割にはフレンチほど気取ってない雰囲気もリラックスできて◎。

イギリスの肉料理といえば、どうしても「ローストビーフ」(roast beef)のイメージが強いと思うのですが、どちらかと言うと、パブ(pub, イギリス版の居酒屋のこと)や家で食べるものという感覚があり、専門のレストランはほとんどありません。イギリス人が、「今日は何か良いものを食べに行こう!」という時のチョイスとなるのは、圧倒的にステーキの方でしょう。

なので、もしロンドンでお肉をしっかり食べたい気分であれば、もう割り切ってステーキに絞ってしまった方がいいと思いますね。


余談ですが、誰かがロンドンにやってきた時、「やっぱりイギリスは不味いものばっかりだね・・・」と思われて日本に帰られるのもイヤなので、一応こちらも頑張ります。
けれど、「イギリスの料理は美味しいってことがわかったよ!」というセリフを残されて帰られるのも、これはこれで釈然としません。「いや、本当は違うんだ!!」と叫びたくなりますし、成功の陰には多くの失敗だってあり、レストラン選びもけっこう気を遣うものなのです。



さて、そんな叫びはさておき、ロンドンにいくつもあるステーキ専門店の中でも、まず王道としてオススメできるのは「Hawksmoor」(ホークスムーア)というお店。値は張ります(円に換算すると余計に)が、美味しいです。


↓ いくつか支店がある中で、これは「ピカデリー・サーカス」という駅から歩いてすぐの「Air street店」。ロンドン市内の中でもアクセスしやすいので便利です。平日の夜でも結構混むので、予約してから行った方が良いでしょう。

P1110057



日本での「霜降り肉」(marbled meat)と違って、赤身のお肉を美味しく頂くのがイギリス流。赤身なので、口の中でとろける・・・とはいかないものの、その分お肉のフレーバーが口の中にしっかり残りますし、ワインと一緒に楽しむにはむしろこの方が良いのでしょう。私もここで、赤身の魅力というものに目覚めました。


それから、「Goodman」(グッドマン)。
ここも概ね好評ですが、お肉に関してはHawksmoorの方が一枚上手でしょうか。
そうは言いつつ、スモークサーモンやニシンなどシーフード系の前菜(starter)を頼むと、こちらの方が美味しく、本当に一長一短というところ。デパートの「Liberty」から近いところに店舗がありますね。


さらに、「Gaucho」(ガウチョ)という、アルゼンチン・ステーキのお店。
そう言われてもあまりピンとこないのですが、ブラジルに行った人が食事を全く褒めない一方、アルゼンチンはちょっと別格のようです。

ここもお客さんを連れていってもいいほど美味しかったのです。ただ、下味を十分につけるマリネートのお肉を頼んでしまったので、他との比較がしにくくなってしまいました。日本でもイギリスでもあまり見かけない、中南米のワインが揃っているので、お酒好きならそれだけも楽しめそうです。

中には白と黒の「牛柄インテリア」になっている店舗もあり、これはちょっとついていけません・・・。


あと、「Avenue」(アヴェニュー)。
ここはステーキハウスではなく、「Contemporary American」とか「New American」などというジャンルに入るお店なのですが、私はここのフィレステーキが一番美味しいと思いました。
最寄りの地下鉄駅は「Green park」、高級ホテルの「Ritz」や、デパートの「Fortnum &Mason」の近くにあります。

内装はかなりモダンで、バックでかかる音楽も大きく、ゆっくり大事な話をしながらというシチュエーションにはちょっと向かないかもしれないですが、料理で外すことはないでしょう。

↓ 黄色いフラッグが目印です。隣は「John Lobb」。

P2090028



これらのステーキレストランは、ロンドン中心部にかたまっていて、アクセスも良いです。
基本は予約してからの方がいいとは思いますが、そんなに人数が多くなければ飛び入りで入れることだって珍しくないでしょうし、その日の気分に合わせてもいいかもしれませんね。


ちなみに、ステーキハウスやフレンチのレストランに入ると、「Steak tartare」というのがメニューに載っていることがあります。
いかにもステーキとタルタルソースの組み合わせであるかのように思わせるのですが、これは生肉。
牛肉を細かく切って味付けし、玉ねぎやケッパーなどの薬味と合わせた、いわば西洋版ユッケのようなもので、日本人の口にもよく合います。ただ、「生はちょっと・・・」という人も多いでしょうから、注文する時には気をつけましょう。



日本でも「熟成肉」(aged meat)が流行っていると聞いたことがあります。本当に日本はいろんなものが流行りますね。
イギリスではレストランのみならず、スーパーでも真空パックにして売っているところもあって、もうちょっと身近な存在でしょうか。「30 day aged beef」などとラベルに書いてあり、すぐに見つけることができます。

ただ、「熟成」というと、何だかいかにも美味しそうで良い響きですが、当然これを作っている現場というのもあるわけで、風にさらされた肉の表面を覆っているだろうフワフワとしたカビなどを想像すると、ちょっとだけ食欲がセーブされるような気がします。


■前菜(starter)、メインは「main」で通じます。
■霜降り肉(marbled meat)、熟成肉(aged meat)

グルメ話の続きになります。

この手の番組は、意表を突いたところから日本を紹介してくるので、なかなか油断できません。

例えば、「日本人はもう本当にラーメンが好きで・・・・」などとナレーションが流れつつ、画面には、「博多らーめん」という缶と、「おでん」という缶が売られている不思議な自販機(vending machine)がさりげなくアップになったりします。しかもなぜか、あの懐かしいUCCのロング缶のコーヒーと一緒のマシンに。

日本でそんな自販機を見かけたことないですし、そんな缶を食べている人も見たことがありません。どこに売ってるんでしょうか??
百歩譲って、「缶おでん」ならまだわかりますが、「缶ラーメン」の場合、麺をそのまま温かいスープに入れていたら伸びそうですし、どういう仕組みになってるんですかね?
・・・ちょっと食べてみたいです。



さて、日本が誇る「和牛」は、イギリスでも知名度が高くなりつつあって、グルメに興味があるイギリス人にならWagyu」(ギュー)と言えば通じます。そして、この「Wagyu」を知っているぐらいの人であれば、Wagyuの中でも最高峰とされる「Kobe Beef」も知っているはずです。

今や日本には「○○牛」というブランドがたくさんありますし、どれを食べてもかなり美味しいので、日本人がそんなにチョイスにこだわることは逆に少ないんじゃないでしょうか。

けれど、外国人にとって「Wagyu」といえば、やはり「Kobe Beef」のネームバリューが他を圧倒しています。
本場・神戸の人に聞いてみても、ローカルのステーキレストランに外国人を連れて行くとやっぱりものすごく喜ばれるよと言っていましたね。(ま、神戸牛のステーキなら、外国人に限らず、誰を連れて行っても喜ばれると思いますが・・・)

ちなみに私は今まで一度しか食べたことがなく、しかもかなりの大昔。
神戸への家族旅行だったのですが、親との会話は何一つ憶えていないくせに、神戸の本屋さんで立ち読みして「この店に行こう!」と決めたことと、その店の神戸牛ステーキのショッキングな美味しさだけはきちんと記憶に残っているので、我ながら現金な子供だったと思います。(ちなみにガーリック・チップを生まれて初めて目にしたのもこの時でした)

2年ほどたまたま食べなかった吉野家の牛丼でさえも、頭の中で美化されて、ごちそうに思えたぐらいですから、20年以上前の思い出などは何をかいわんや。もう美化どころか、「神戸牛のステーキ」というのは、どこか違う次元へと昇っていった仙人のような存在に・・・。そんな経験から考えると、他のブランド牛肉も十分美味しいのはわかっているんだけど、「Kobe beef」だけは特別な存在だよね、と思っている日本人も結構いるかもしれませんね。



番組中のグルメなイギリス人二人が、このKobe beefを取材しないはずがありません。
わざわざ現地まで出向いて、農家にインタビューし、やわらかい(tender)肉をつくる秘訣を探ります。

「毎日ワラのベッドで牛をマッサージしているってホントですか?」
「オペラを聞かせて育てるってホントですか?」
「ビールを飲ませて育てる(fed beer)ってホントですか?」


別に彼らは冗談で聞いているわけではなく、いたって本気です。
神戸牛がプリンスのような生活をしているというのは、同僚のイギリス人も同じようなことを言っていましたし、私の知識も似たようなもの。彼らのことを決して笑えません。


ここで取材された農家のコメントによると、現実は以下の通り。現実はとても現実的なのだと知りました・・・。

「マッサージはしていないが、特別な牛にグルーミング(grooming)ならしている。」
「オペラは一度実験してみたことがあるが、お肉の質に変化はなかったのでやめた。」
「ビールはもうどこの農家もやっていない。」
(ただし、餌のレシピにはやはり秘密があるようです)


実は、「神戸牛にビールを飲ませる」という話は私もずっと信じていたのですが、確かに人間がビールを飲むだけでもお金がかかるのに、何十頭、何百頭もの牛が毎日ビールを飲んだら、大変なコストになってしまうでしょう。

こういうのを見ると、果物にモーツアルトを聞かせるとか、昔テレビでやっていた話も本当なのか?と今になって疑いたくなってきます。もう10年以上前、確かに「α波効果」というのが流行ったことがあり、流行の終わりかけになって、私も思わず一枚千円のワゴンセールでCDを買ったことがありました。(あれも何処へ行ったのか?)
最近はあんまりこの話題も聞かないですね。


牛ではありませんが、「Corn fed chicken」(コーンで育てたチキン)というのがイギリスのスーパーで売られていたりします。私は結構好きで、たまに買ったりするんですよね。

不思議なもので、「神戸牛はビールを飲んで育つんだ」と信じ込んでいると、何となくそれだけでステーキの美味しさを引き立ててくれそうに感じます。ビール分だけ美味しいみたいな。

それと同じで、「この鳥はとうもろこしを食べてたのね。見た目もちょっと黄色いし。」と思っただけで、少しだけ(とうもろこし分だけ)美味しく感じているという、完全にイメージの世界なのかもしれません・・・。


■自販機(vending machine)
■和牛(Japanese beef, Wagyu) ※中には「Wagyu beef」という人も。「チゲ鍋」と同じようなものですね。

↑このページのトップヘ