Kind Regards。

英国ネタをこつこつ載せてまいります。

イギリスのキホン

前回の続きです。

グルメを楽しみにイギリスに来る人はあまりいないでしょうが、せっかくなら美味しくて、ちょっとでもイギリスらしい料理を食べたいと思うのが人情というもの。
そこで、前回出てきたような「Wagyuと比べてみるべく、ロンドンを訪れた時のディナーに、高級ステーキハウスなどはいかがでしょうか。

私も日本からの来客があった時、どこか一緒に食事に行くなら、このステーキハウスをプランに組み込もうとします。特別な時(special occasion)の「ごちそう」という感じがしていいですし、その割にはフレンチほど気取ってない雰囲気もリラックスできて◎。

イギリスの肉料理といえば、どうしても「ローストビーフ」(roast beef)のイメージが強いと思うのですが、どちらかと言うと、パブ(pub, イギリス版の居酒屋のこと)や家で食べるものという感覚があり、専門のレストランはほとんどありません。イギリス人が、「今日は何か良いものを食べに行こう!」という時のチョイスとなるのは、圧倒的にステーキの方でしょう。

なので、もしロンドンでお肉をしっかり食べたい気分であれば、もう割り切ってステーキに絞ってしまった方がいいと思いますね。


余談ですが、誰かがロンドンにやってきた時、「やっぱりイギリスは不味いものばっかりだね・・・」と思われて日本に帰られるのもイヤなので、一応こちらも頑張ります。
けれど、「イギリスの料理は美味しいってことがわかったよ!」というセリフを残されて帰られるのも、これはこれで釈然としません。「いや、本当は違うんだ!!」と叫びたくなりますし、成功の陰には多くの失敗だってあり、レストラン選びもけっこう気を遣うものなのです。



さて、そんな叫びはさておき、ロンドンにいくつもあるステーキ専門店の中でも、まず王道としてオススメできるのは「Hawksmoor」(ホークスムーア)というお店。値は張ります(円に換算すると余計に)が、美味しいです。


↓ いくつか支店がある中で、これは「ピカデリー・サーカス」という駅から歩いてすぐの「Air street店」。ロンドン市内の中でもアクセスしやすいので便利です。平日の夜でも結構混むので、予約してから行った方が良いでしょう。

P1110057



日本での「霜降り肉」(marbled meat)と違って、赤身のお肉を美味しく頂くのがイギリス流。赤身なので、口の中でとろける・・・とはいかないものの、その分お肉のフレーバーが口の中にしっかり残りますし、ワインと一緒に楽しむにはむしろこの方が良いのでしょう。私もここで、赤身の魅力というものに目覚めました。


それから、「Goodman」(グッドマン)。
ここも概ね好評ですが、お肉に関してはHawksmoorの方が一枚上手でしょうか。
そうは言いつつ、スモークサーモンやニシンなどシーフード系の前菜(starter)を頼むと、こちらの方が美味しく、本当に一長一短というところ。デパートの「Liberty」から近いところに店舗がありますね。


さらに、「Gaucho」(ガウチョ)という、アルゼンチン・ステーキのお店。
そう言われてもあまりピンとこないのですが、ブラジルに行った人が食事を全く褒めない一方、アルゼンチンはちょっと別格のようです。

ここもお客さんを連れていってもいいほど美味しかったのです。ただ、下味を十分につけるマリネートのお肉を頼んでしまったので、他との比較がしにくくなってしまいました。日本でもイギリスでもあまり見かけない、中南米のワインが揃っているので、お酒好きならそれだけも楽しめそうです。

中には白と黒の「牛柄インテリア」になっている店舗もあり、これはちょっとついていけません・・・。


あと、「Avenue」(アヴェニュー)。
ここはステーキハウスではなく、「Contemporary American」とか「New American」などというジャンルに入るお店なのですが、私はここのフィレステーキが一番美味しいと思いました。
最寄りの地下鉄駅は「Green park」、高級ホテルの「Ritz」や、デパートの「Fortnum &Mason」の近くにあります。

内装はかなりモダンで、バックでかかる音楽も大きく、ゆっくり大事な話をしながらというシチュエーションにはちょっと向かないかもしれないですが、料理で外すことはないでしょう。

↓ 黄色いフラッグが目印です。隣は「John Lobb」。

P2090028



これらのステーキレストランは、ロンドン中心部にかたまっていて、アクセスも良いです。
基本は予約してからの方がいいとは思いますが、そんなに人数が多くなければ飛び入りで入れることだって珍しくないでしょうし、その日の気分に合わせてもいいかもしれませんね。


ちなみに、ステーキハウスやフレンチのレストランに入ると、「Steak tartare」というのがメニューに載っていることがあります。
いかにもステーキとタルタルソースの組み合わせであるかのように思わせるのですが、これは生肉。
牛肉を細かく切って味付けし、玉ねぎやケッパーなどの薬味と合わせた、いわば西洋版ユッケのようなもので、日本人の口にもよく合います。ただ、「生はちょっと・・・」という人も多いでしょうから、注文する時には気をつけましょう。



日本でも「熟成肉」(aged meat)が流行っていると聞いたことがあります。本当に日本はいろんなものが流行りますね。
イギリスではレストランのみならず、スーパーでも真空パックにして売っているところもあって、もうちょっと身近な存在でしょうか。「30 day aged beef」などとラベルに書いてあり、すぐに見つけることができます。

ただ、「熟成」というと、何だかいかにも美味しそうで良い響きですが、当然これを作っている現場というのもあるわけで、風にさらされた肉の表面を覆っているだろうフワフワとしたカビなどを想像すると、ちょっとだけ食欲がセーブされるような気がします。


■前菜(starter)、メインは「main」で通じます。
■霜降り肉(marbled meat)、熟成肉(aged meat)

グルメ話の続きになります。

この手の番組は、意表を突いたところから日本を紹介してくるので、なかなか油断できません。

例えば、「日本人はもう本当にラーメンが好きで・・・・」などとナレーションが流れつつ、画面には、「博多らーめん」という缶と、「おでん」という缶が売られている不思議な自販機(vending machine)がさりげなくアップになったりします。しかもなぜか、あの懐かしいUCCのロング缶のコーヒーと一緒のマシンに。

日本でそんな自販機を見かけたことないですし、そんな缶を食べている人も見たことがありません。どこに売ってるんでしょうか??
百歩譲って、「缶おでん」ならまだわかりますが、「缶ラーメン」の場合、麺をそのまま温かいスープに入れていたら伸びそうですし、どういう仕組みになってるんですかね?
・・・ちょっと食べてみたいです。



さて、日本が誇る「和牛」は、イギリスでも知名度が高くなりつつあって、グルメに興味があるイギリス人にならWagyu」(ギュー)と言えば通じます。そして、この「Wagyu」を知っているぐらいの人であれば、Wagyuの中でも最高峰とされる「Kobe Beef」も知っているはずです。

今や日本には「○○牛」というブランドがたくさんありますし、どれを食べてもかなり美味しいので、日本人がそんなにチョイスにこだわることは逆に少ないんじゃないでしょうか。

けれど、外国人にとって「Wagyu」といえば、やはり「Kobe Beef」のネームバリューが他を圧倒しています。
本場・神戸の人に聞いてみても、ローカルのステーキレストランに外国人を連れて行くとやっぱりものすごく喜ばれるよと言っていましたね。(ま、神戸牛のステーキなら、外国人に限らず、誰を連れて行っても喜ばれると思いますが・・・)

ちなみに私は今まで一度しか食べたことがなく、しかもかなりの大昔。
神戸への家族旅行だったのですが、親との会話は何一つ憶えていないくせに、神戸の本屋さんで立ち読みして「この店に行こう!」と決めたことと、その店の神戸牛ステーキのショッキングな美味しさだけはきちんと記憶に残っているので、我ながら現金な子供だったと思います。(ちなみにガーリック・チップを生まれて初めて目にしたのもこの時でした)

2年ほどたまたま食べなかった吉野家の牛丼でさえも、頭の中で美化されて、ごちそうに思えたぐらいですから、20年以上前の思い出などは何をかいわんや。もう美化どころか、「神戸牛のステーキ」というのは、どこか違う次元へと昇っていった仙人のような存在に・・・。そんな経験から考えると、他のブランド牛肉も十分美味しいのはわかっているんだけど、「Kobe beef」だけは特別な存在だよね、と思っている日本人も結構いるかもしれませんね。



番組中のグルメなイギリス人二人が、このKobe beefを取材しないはずがありません。
わざわざ現地まで出向いて、農家にインタビューし、やわらかい(tender)肉をつくる秘訣を探ります。

「毎日ワラのベッドで牛をマッサージしているってホントですか?」
「オペラを聞かせて育てるってホントですか?」
「ビールを飲ませて育てる(fed beer)ってホントですか?」


別に彼らは冗談で聞いているわけではなく、いたって本気です。
神戸牛がプリンスのような生活をしているというのは、同僚のイギリス人も同じようなことを言っていましたし、私の知識も似たようなもの。彼らのことを決して笑えません。


ここで取材された農家のコメントによると、現実は以下の通り。現実はとても現実的なのだと知りました・・・。

「マッサージはしていないが、特別な牛にグルーミング(grooming)ならしている。」
「オペラは一度実験してみたことがあるが、お肉の質に変化はなかったのでやめた。」
「ビールはもうどこの農家もやっていない。」
(ただし、餌のレシピにはやはり秘密があるようです)


実は、「神戸牛にビールを飲ませる」という話は私もずっと信じていたのですが、確かに人間がビールを飲むだけでもお金がかかるのに、何十頭、何百頭もの牛が毎日ビールを飲んだら、大変なコストになってしまうでしょう。

こういうのを見ると、果物にモーツアルトを聞かせるとか、昔テレビでやっていた話も本当なのか?と今になって疑いたくなってきます。もう10年以上前、確かに「α波効果」というのが流行ったことがあり、流行の終わりかけになって、私も思わず一枚千円のワゴンセールでCDを買ったことがありました。(あれも何処へ行ったのか?)
最近はあんまりこの話題も聞かないですね。


牛ではありませんが、「Corn fed chicken」(コーンで育てたチキン)というのがイギリスのスーパーで売られていたりします。私は結構好きで、たまに買ったりするんですよね。

不思議なもので、「神戸牛はビールを飲んで育つんだ」と信じ込んでいると、何となくそれだけでステーキの美味しさを引き立ててくれそうに感じます。ビール分だけ美味しいみたいな。

それと同じで、「この鳥はとうもろこしを食べてたのね。見た目もちょっと黄色いし。」と思っただけで、少しだけ(とうもろこし分だけ)美味しく感じているという、完全にイメージの世界なのかもしれません・・・。


■自販機(vending machine)
■和牛(Japanese beef, Wagyu) ※中には「Wagyu beef」という人も。「チゲ鍋」と同じようなものですね。

前回の続きです。

この手の番組の何が面白いかというと、今までほとんど意識しなかった「外から見た日本」にあらためて注目させられるところです。

例えば、お寿司はもともと江戸時代のスナック的な存在だったとか、「カリフォルニア巻き」(California roll)は、カリフォルニアのホテルで働いていた日本人が考案したもので、脂の乗ったトロ(tuna belly)が口に合わないアメリカ人のためにアボカドを使い、海苔(seaweed)がダメなアメリカ人のために、わざわざ内側に巻き込むという創意工夫があって生まれたものだとか、今まで自分で調べようともしなかったことです。


あと話題が身近なだけに、英語の勉強にももってこいでしょう。

その昔・・・、「ニギリってのはねえ、まず横にしてから食べるもんだよ!」と鮨屋の頑固オヤジに怒られながら作法を教わったことがあります。つまり握り(Nigiri)というのは、まずコテンと横に傾けてから、そのままネタの端っこにむらさき(醤油)をちょっとだけ付けて食べよ、ということなのですが、意外にこういうのが英語でちゃんと言えなかったりするものです。

番組を観ていると、案内役の女性が、
「When you put it in your mouth, put it sideways」(口に入れる時に、横にするのよ)と解説。
口の中でネタとシャリがより良い感じでミックスされるからだとのことで、横にするにはそういう理由もあったのかと新発見でした。

これがもし、既に置かれている握りを「横に倒す」のであれば、「turn it sideways」でしょうかね。

醤油はもちろん「soy sauce」、ガリは普通に「ginger」、イクラは「salmon roe」、ワサビは「Japanese horseradish」ですが「wasabi」でもOK。
あと「大将」は「Sushi master」と呼ばれていたのがちょっとおもしろかったですね。


さて、イギリスにも回転寿司(conveyor belt sushi bar)のお店がちゃんとあります。

私が日本にいた頃にたまたま観た番組で、イギリスの回転寿司マーケットをねらうべく、日本の回転寿司が進出しようとしたものの、結局採算が厳しそうでやめたとか、確かそういうのを取り上げていたのを思い出します。

リーズナブルな値段で、たくさんの人に食べてもらいたいというコンセプトの回転寿司にとっての悩みのタネは、やはり魚のコスト。人気のあるネタほど乱獲が進みやすく、お寿司が「Sushi」として世界中に広まれば広まるほど、そのスピードにも拍車がかかります。

そこで生まれるのが「代替魚」(alternative fish)の発想で、ホントは違う魚なんだけれど、味がよく似ているし安いので、代わりに使おうというものです。

イギリスではその一つが「ザリガニ」(crayfish)。
日本人からするとエーッと思うのですが、イギリスではレストランのメニューに登場したり、カフェのサラダに入っていたりと、別にゲテモノ的な印象は特になく、ごく普通の食材と言っていいでしょう。

ここでは高いエビの代わりとして使うのが目的で、ボイルして中の身を細かくほぐし、臭みを消すべく、マヨネーズや七味などとよく和えて、軍艦巻きのようにして商品化に励む様子を見た覚えがあります。(今でもやっているのかわかりませんが)

このイギリス回転寿司の巨人というのが、「Yo!Sushi」で、私も一回だけ挑戦したことがあります。
名前と見た目のダブルな怪しさとは裏腹に、無難にサーモンとか、マグロの赤身とかを食べる分にはまあ大丈夫。。。イギリス人が食べる「Sushi」を体験してみるのも面白いかもしれませんが、せっかくのイギリス滞在の中、無理して行くこともなく、別にオススメはいたしません。

P9290138














■お寿司(Sushi) ※握りは「Nigiri」、巻き物は「Maki」ですが、これもやはり日本通の人にしか通じません。
■海苔(Nori, seaweed) ※これも同じく、まだまだ「Nori」としての知名度はいまひとつ。
■代替魚(alternative fish)


旅行でイギリスを訪れる場合、ホテルなどでゆっくりテレビを観るということはあまりないかもしれません。

イギリスのテレビはつまらない!!という人も多いのですが、たまーに日本文化を紹介するエンタメ番組をやっていることがあり、これはかなり楽しめます。

最近私が観たのは、グルメなイギリス人が日本文化に触れながら、食べ歩きの旅をしていくというシンプルなもの。日本のように変にクイズ形式になっていたり、芸人がたくさん出て来たりせず、ゴチャゴチャしていないところが◎です。


その番組に登場する彼らは、食べ歩くだけでなく、自分たちでも料理を作っていました。

まず、「日本人に大人気のラーメン(ramen)を作ってみよう」ということで、わざわざ富士山の見える所へ繰り出して、アウトドアスタイルで挑戦。袋に入った生めんを手に、「これがラーメンですよ!!」と興奮気味に紹介するのですが、なんかこう、あまり見たことのない銘柄です。

スープ(broth)をとるところまではいいとして、ラーメンの具の中に、チャーシュー、味玉、人参、しめじ、えのき、しいたけ・・・と、随分モリモリと入り、どんどんイギリスナイズされていきます。そして、「仕上げにこれです」と、かつおぶし(tuna flake)を振りかけてました。。

肝心の麺は伸びきっているように見えましたが、それは全く気にならないようです。イギリス人の料理というのは、手を加えることこそが醍醐味と思っている節があり、「Simple is best」では物足りないのでしょうね。



その後、お寿司も、精進料理も、お好み焼きも、おいしいおいしいと平らげていたグルメな二人でしたが、彼らが唯一「ウエー」と顔をしかめていたのが、なんと「メロンパン」。
(これは英語で「Melon bun」と表現されていました)

日本ではメロンパンが嫌いだという人をあまり見たことがありませんし、それどころか「海老名サービスエリア」のメロンパンなどは一時期人だかりができるほど話題になったぐらいです。外国人にとっても、別にトリッキーな食べ物じゃないと思いますよね。


しかし、よく思い返してみると・・・・

イギリス人というのは、しょっちゅうサンドイッチを食べているくせに、
「日本にはフルーツ・サンドイッチというものがあって、これが実に美味しいのだ。」と教えてあげると、エーッと驚き、「それはゴハンとして食べるのか、デザートとして食べるのか?」と質問してくるのです。


番組でイギリス人が食べていたのは、やはり海老名名物、果汁入りのグリーンカラーのメロンパン。
当の二人にとっては、その色もイヤだったのか、「うーん、スポンジケーキに壁紙塗料とマニキュア落としを混ぜれば、メロンパンができるね・・・」というのが何とか絞り出したコメントでした。

フルーツ・サンドイッチへの反応から想像するに、イギリス人にとっては、パンはあくまで「ゴハン」であり、甘いフルーツやクリームと一緒にされてしまうのが気持ち悪いのでしょう。おそらくメロンパンも同じで、食感(texture)がどうこうではなく、パン生地にあまーいメロンの風味をミックスされたりする時点で、もう受け付けられないのだと思います。

日本人にあてはめてみると、おにぎり(rice ball)の中にカットメロンやメロンクリームが入っているような感じなのですかね。
・・・そう考えると、確かに許せないような気がします。

そこまでいかなくとも、「酢豚にパイナップルは許せない!」というのと、同じような感覚なのかもしれません。


■ラーメン(ramen, ramen noodle) (※相手が日本通でない限り、「noodle」と言わないと通じないでしょう)
■味玉 (marinated egg)
■しいたけ(Shiitake mashroom)、しめじ(Shimeji mashroom)

「待つ」という行為が人生の一部を占めている・・・、イギリスはそれをちゃんと実感できる国です。

空港に着いて、日本人が一番最初に洗礼を受ける、あの悪名高い入国審査もそうです。
大して理由もなく一人一人にやたらと時間をかけますし、ゲートの前にできる行列(queue)がどれだけ長くなっても、係員が応援に駆け付けるということもしませんから、ちっともサバけません。


ラッシュ時の車の渋滞(traffic jam)も結構ひどいですし、よく引き合いに出されるバスや電車もそうです。ちょっとした遅れなどはもはや当たり前ですし、「接続」という言葉などあってないようなもの。


バス停には「10分おき」(every 10 minutes)などと表示しているくせに、運が悪いと10分待っても、20分待っても来ないことがあり、「いい加減にしろ!」と思った頃に、立て続けに2台やって来たりします。

ちなみにこの場合、バス停で待っていた人たちは「やれやれ」と先に来たバスに乗るため、前のバスだけやたらと混み始めます。後ろのバスは空き空きになるのですが、前のバスとなるべく距離を開けようと停止しまくるので、乗ってからも延々と待たされる羽目に・・・。
待たされた上、どっちに乗ってもストレスが待っているという最悪のサービスです。

確か日本で、市バスの運転手が勤務中にやむを得ず一時停車して公園のトイレに駆け込んだ、というのを地方紙が記事にしていたことがありましたが、別に乗客も誰ひとり不満は言っていないのに、わざわざそんなことを取り上げるなという感じですね。サービスが悪いのはいやですが、行き過ぎた「お客至上主義」もどうかと思います。



「待つ」ということで言えば、1年前、日本で新年早々、立ち往生を食らったのを思い出しました。
その時は有楽町のパチンコ店で火災があったとかで、東海道新幹線が全て止められたのです。それもお正月休みUターンラッシュのピークにですから、1年の中でも最悪のタイミングだったと言っていいでしょう。

有楽町というのは、東京駅から山手線でたったひと駅。歩いてもすぐなのです。
現場がそんなロケーションにありながら、出発駅、目的地などに関係なく、全ての新幹線が運転見送りとなったので、これはショックでしたね。信頼していた日本でもこんなことがあるのかと。

指定席を取っていたのに「無かったこと」にされてしまい、問答無用で払い戻し(refund)。みどりの窓口はその払い戻しを受けるだけで長蛇の列ができていました。私の後ろからは、ディズニーランドを諦めたらしい家族の会話が聞こえてきたり・・・。

状況もよくわからないまま、ようやく昼過ぎから徐行運転を始めた新幹線の自由席に飛び乗ってみると、今度は前がつかえて動きません。待ち時間も含めて、結局半日がかりで東京まで移動したのを覚えています。
12時間あれば、日本からイギリスまで移動できますね。


この時思ったのは、「わからないストレス」というのは結構大きいということです。

なぜ有楽町の火災で全部を止めてしまうのか?
あとになってから、消火活動も手間取り、さらには品川駅は折り返し運転ができる構造になっていないなどの情報を知りましたが、駅で待っている時には、いつまで経っても「消火活動が続いております」「情報を待っております」の繰り返し。何が起きているのか、いつまで待てば目処がつくのかも、さっぱりわからなかったのです。

同じ「待つ」のでも、イギリスの入国審査などは、一応自分の目で状況確認ができます。
「あいつらがスローペースなのがダメなんだ」とか「係員が少なすぎる」とか愚痴だって言えますし、何にも見えないところで「ただひたすら待たされる」というよりはまだマシでしょう。

ある程度待たされることも予測できますし、「何もせず待っているのが耐えられない!」という方は、携帯でも、ゲームでも、文庫本でも、何か時間のつぶせるものを用意しておくと良いかもしれません。


■行列(queue)
■渋滞(traffic jam)
■立ち往生する(be stranded)

↑このページのトップヘ