来月、2015年5月7日総選挙(general election)というビッグイベントを控えるイギリス。
既に(3月30日に)国会は解散(dissolution)してしまっているので、今イギリスの国会議員はゼロの状態です。


日本とイギリスの政治(politics)のしくみというのはよく似ていますから、もしイギリス人との会話の中で、選挙などの話題が出てきたとしても、わりと話は通じやすいんじゃないかと思います。

ということで、「こんな政治のコトバは英語でいったい何と言うのか??」を思いつくままに書いてみます。


まず一つのポイントとして、辞書を使って、きちんきちんと英語に訳すことがいつも良いとは限りません。
これは普段の生活の中で、「冷蔵庫」のことを「refrigerator」とは誰も言わないのと似ています。(「fridge」(フリッジ)と言いますよね)

例えば、日本の「衆議院」をオフィシャルな英語にすると、「House of Representatives」、「参議院」は「House of Councillors」などと公式ウェブサイトにも出ています。

でもそもそも外国人は日本のことなどよく知りませんから、これをそのままイギリス人に伝えたとしても、「?」と首をかしげる人もいることでしょう。

国によっても呼び方はバラバラですし、こういう時はもうちょっと一般的な単語である、「Lower House」(下院)、「Upper House」(上院)などというコトバを使った方が便利。実際にイギリスのメディアも日本の記事を書くときにはそのようにしていることが多いです。
ちなみにイギリスの下院は「House of Commons」、上院は「House of Lords」であり、今回選挙をやろうとしているのは、「House of Commons」の方です。(アメリカは「House of Representatives」と「Senate」)


あと、「国会議員」を英語にすると、「Member of Parliament」。
これもまともに言うと長いので「MP」と略されることが多いです。いつだったか「衆議院議員は英語で何と言うのかね?」とエライ人に突然聞かれて焦ったことがありますが、「member of the Lower House」と言えば十分でしょう。

で、この「MP」をひっくりかえして「PM」にすれば「Prime Minister」、つまり首相の意味になります。安倍首相なら「PM Abe」でいいわけですね。


政党(party)はどうでしょう?

この5年間、イギリスは、「保守党」(Conservatives)と「自由民主党」(Lib Dems)の連立政権でやってきました。
最大野党が「労働党」(Labour)。あと、「補欠選挙」のシリーズでもご紹介してきたように、これまで勢いを急速に伸ばしてきた「イギリス独立党」(UKIP)の名前も知っておくと便利です。

今回の選挙も混戦が予想されているため、またしても一つの党が過半数(majority)を取れない「宙ぶらりん国会」(Hung parliament)になってしまうかもしれません。


日本の政党の名前まで外国人に伝える機会というのはあんまりないですが、一応ご紹介すると以下のとおり。

自民党:「LDP」(Liberal Democratic Party)
民主党:「DPJ」 (Democratic Party of Japan)

共産党はそのまま「Japan Communist party」。
公明党などは直訳するとおかしなことになるので、そのまま「Komeito」にしています。ただ、これでは意味がわからないということで、海外メディアの記事の中では、もう一歩踏み込んで「Buddhist-backed Komeito」 と書かれることも。
維新の党は「Japan Restration party」、そして今は無き、みんなの党は「Your Party」でした。

・・・こうしてみると、やっぱりいくらオフィシャルの英語でも、そのまま使ってしまうと通じないものが多いですね。