「銀座カリー」というレトルトカレーがあります。

たしか私が学生の頃からありましたので、もう結構なロングセラーではないでしょうか。
ブイヨンのおかげなのか、何と言うか、他のレトルトカレーには無いような味であり、中村屋のカレーほど高くもなく、ついつい手が伸びてしまうのです。

「レトルトなんて・・・」と言われそうですが、この銀座カリーのように、ロンドンの日本食材店でもなかなか手に入らないようなレトルト食品は、生活の中において一気にその価値が跳ね上がります。いったん入手すると、レトルトとはいえすぐに食べてしまうのは勿体ないので、普段はキッチンの戸棚に忍ばせておき、「まだおられる」という安心感をかみしめつつ、ある日気持ちがピークに達した段階で、ここぞ!と封を切るわけです。


銀座カリーのウェブサイトには、「ドミグラスソースをベースにした英国風カリー」などと紹介されていますが、やはりこういうのはイギリスに対する誤解を招くと思いますね。
「英国風マッサージ」もさることながら、「英国カリー」や「英国風カリー」というのはイギリスには存在しないので、あくまで日本で作り上げられたイメージにすぎません。(これが本当に英国にあったらいいのですが)


じゃあイギリスにカレーはないのかというと、全くその反対で、そこらじゅうにインドカレーの店があふれています。
かつての植民地であったということで、インド系のイギリス人というのは実に多く、イギリス食文化の中にもしっかりと根を下ろしているのです。

よって、ロンドンに着いて何を食べようかと迷った時、せっかくならばイギリスらしいものを食べたいなあという時、一度ぐらいはインド料理屋さんに飛び込んでみると良いかもしれません。


何せ数が多いので、わざわざネットで調べなくても、レストランの集まっているあたりを適当にウロウロしていれば、「Indian restaurant」、「Indian cuisine」、「Tandoori」などと看板が出ており、すぐにそれと分かるでしょう。
細かなことを言うと、インドだけでなく、パキスタン、ネパール、バングラデシュ料理のレストランでも、カレーやタンドリー料理を食べることができます。何が違うのか未だによくわかりませんが・・・。



イギリスのガイド情報などを見ると、東ロンドンの「Brick Lane」という通りに行って、美味しいインドカレーを食べよう!などと勧めているケースがあります。

確かにこのエリアは特にインド料理屋が多いことで有名なのですが、周りに見るようなものは何もないですし、ロンドン中心部からも少し離れています。よっぽどのカレーファンでない限り、せっかく観光に来ている人が、わざわざカレーを食べるためだけに地下鉄に乗っていく価値は無いんじゃないでしょうか。
それに、「この通りにはインド料理店が立ち並ぶ」と言われても、別にハシゴするわけでもなく、入るのはどこか一軒ですから、あまり意味がありません。

また、そんなに心配しなくても大丈夫なのですが、ロンドンの東側というのは再開発が進んでいるものの、あんまり治安の良いとされるエリアではありません。今から120年以上前、「切り裂きジャック」(Jack the Ripper)の舞台となった「Whitechapel」(ホワイトチャペル)という場所もまさにこのあたりなのです。


わざわざそんな遠征をしなくても、インド料理で一番ありがたいポイントというのは、大量のスパイスを使っているおかげか、ハズレを引く可能性がほとんどないことです。

つまり、飛び込みで入るレストランでも十分に楽しめるということであり、お腹が空いている時、カレーな気分になっている時に、勘とフィーリングで選んでみるのが良いのではないでしょうか。


■「レトルト」は和製英語で、通じません。チンして食べられるようなものは、「Ready meal」とか「Microwave meal」などと言えばいいでしょう。冷凍食品なら「Frozen meal」ですね。
■ロングセラー(long seller)、ベストセラー(best seller)