今の時代、中学・高校の段階で、修学旅行(school excursion)や研修旅行として、海外に行くプログラムを持っている学校が結構あります。私が通っていた学校も何年も前に取り入れたようで、自分の時にこれに行っていたら、後々もっと楽だったんじゃないだろうか・・・と思わずにはいられません。

当時の行き先は確か北海道で、親に頼まれたウニと毛ガニを買ってきたこと(自分は食べてない)と、摩周湖のボヤーっとした白い霧(それ以外は何も見えず)と、じゃがバター(紙コップ入り)しか記憶になく、今にして思えばあの旅行はいったい何だったのか、という感じです。

それならば少々高くついても、カルチャーショックをガツンと受けるであろう海外に行ったほうが、お金で買えない価値があるのではないでしょうかね。


一番良いのは、現地に行って言葉に苦労すると、「これはヤバイ・・・。英語をもっとやらないと!」という大きなモチベーションになってくれることです。

試験の英語などは、わからなければもう一度前に戻って読みなおせばいいですし、リスニングだって少々間違えても点が取れないだけの話です。

ところが生身の人間を前にしていると、自分も何かリアクションしないといけないわけで「待ったなし」ですし、大事なところで聞けないと、わが身にダイレクトに跳ね返ってきます。英語を読んだり、憶えたりする時とは、脳のちょっと違う部分を使っている感じもわかります。
そしてこれがわかれば、文法の教科書や単語帳にかじりつく勉強方法から抜け出さないといけないことにも、早い段階で気付くはずです。(かといって、「聞き流し」でいいとは全く思いませんが・・・。そんなのでペラペラになるなら誰も苦労しません。)

あと、学校が連れて行ってくれるというのも安心です。
一回誰かと一緒に行っておくと、そのあとで自分で海外に出ようと思った時に、フットワークが全然違うと思いますからね。


基本的にイギリスというのは、アメリカや他のヨーロッパの国に比べれば治安は良いので、あまり心配することはないと思いますが、パッと頭に浮かんだ注意点だけ挙げてみたいと思います。


ありきたりながら、まず、車には気をつけましょう。

イギリス人というのは、なぜか横断歩道(crossing)の信号をあまり守りません。何をそんなに急ぐ必要があるのか、結構ギリギリを攻めて、見ていてヒヤッとすることも・・・。あまりにも無視する人が多いので、きちんと待っている方が間違っているような気がしてくるぐらいです。

それに街中に行くと、あのでっかい二階建てのバスが歩道のすぐそばを走っていますから、コーナーなどで巻き込まれたりしないように、車道からは距離をとっておきましょう。


↓ これは観光用の二階建てバス。・・・このタイミングではさすがに信号を守っているようです。

P9290079



それから、ビッグ・ベンなどの観光地でウロウロしているパフォーマー。一緒に写真をとってやるなどと言ってきますが、サービスなどと思わずに、無視しときましょう。ああいうのは勝手にお金を要求してきますから。もちろん支払う必要などはありません。


細かなところでは、ロンドンの繁華街に立っている標識やら街灯やらのポール。
このポールに看板などがゴテゴテと括り付けられていることがあって、無防備に針金が飛び出ていたり、時には釘っぽいものまで露出していることもあって、あれは危ないです。しかも人の顔や首ぐらいの高さに・・・。
スマホでよそ見しながらとか、ふざけて押しあったりとか、やめましょう。


あとはスリ(pickpocketing)でしょうかね。
これをやられたという話はオトナの日本人からもよく聞きますし、日本でたまに見るような、お尻のポケットに長財布、なんていうのは「取ってください」と言っているようなものです。

いつだったかウェストミンスター寺院に行った時、一緒にいた人がデジカメをスラれた、ということがありました。
しかしここは入場料(entrance fee)だってきちんと支払う場所・・・、「入ってしまったら観光客しかいないだろう」という油断(carelessness)を利用するスリもいるということです。



ところで、日本でカフェに入った時、店内が混んでいると、店員さんに「お席を先にお取り下さい」と言われることがあります。そんなこと言われても・・・といつも思うのですが、「立ち飲みしたくなければ、何か自分のものをテーブルに置いておけ」と言いたいのでしょう。

これはちょっと海外では考えられないことであり、たとえイギリスであっても、普段のクセでやってはいけません。どうでもいい私物ならまだしも、バッグや貴重品(valuables)などを置いてしまうのはやっぱり危ないです。


学校のプログラムの中には、旅行だけでなく、提携しているイギリス郊外の学校に行って、英語を勉強したり、現地の生徒と交流したりというパターンもあったりするようです。ロンドンから離れれば、それはそれで自然豊かなイギリスの魅力が広がっていますし、行って損になることなど何もないと思いますね。


■横断歩道(crossing) しましまなので 「zebra crossing」とも。
■スリ(pickpocketing )、強盗(robbery)、万引き(shoplifting)
■貴重品(valuables)