おととしぐらいだったか、ギリシャの首都、アテネ(Athens)を少しだけ観光したことがあります。

アテネオリンピックがあったのが2004年。
「伸身の新月面が描く放物線は・・・栄光への架け橋だ!」の名実況が生まれたのもこの大会でした。
あれからもう10年経っていると思うと、結構ショックです。


アテネと言えば、やはり「パルテノン神殿」。世界史に大して興味はなくとも、一度は見てみたい世界遺産です。

IMG_0106



「アクロポリスの丘」と言われるだけあって、神殿にたどり着くには、ゆるやかな山登りをするようなものなのですが、やたらと犬が多かったのが記憶に残っています。
それも日本で見かける野良犬の2倍はあるような大型がウロウロしているわけですから、ギョッとしましたね。

別に吠えたりするわけでもなく、普通に歩いたり、昼寝したりしているだけなので、まあ大丈夫なのですが、うっかり尻尾でも踏まないように気をつけないといけません。



さすがに日差しが強く、神殿へと続くエントランスに着いた時点でノドがカラカラに。
そこに待ち構えるようにして、いかにも南欧らしく、オレンジジュースの屋台が出ていました。

屋台のオヤジは、「にいてんよん!」(2.40ユーロのこと。それとも「よんてんご!」だったかな?)などと日本語で言いやがります。しかも、傍らでは若いお兄ちゃんがオレンジをどんどん謎のマシンに入れていて、いかにも「今搾ってます!」感を演出しているのですが、本当に搾られてジュースになっているかどうかは全く確認ができません。

「あやしいなあ・・・」と思いつつ飲んでみると!

今までの人生で飲んだ中でいちばんうすーいジュースでした。
味は悪くないのですが、なんかこう、トロピカーナを水で割ったような感じで、しかも氷のおかげでさらに薄まっています。試してみたい方はぜひ。


あと、観光でもっていると言われる国だけあって、とにかくタクシーが多かったですね。そのせいもあるのか交通量は結構多くて、信号はちゃんと守らないと危ないです。

私も道を渡ろうとしていて、歩行者信号が青になったので、さあと足を踏み出したら、たまたま機械の調子が悪かったのか壊れていたのか、その1秒後に赤に!!
人生最薄ジュースの次は、人生最速の信号が待っていました。さすがオリンピック発祥の地です。



当日は天気も良く、街中から電車ですぐに海の方まで出れそうだったので、行ってみることに。

しかし、終点で降りて、港町に出た時にはまさにローカル一色。日本人はおろか、外国人観光客など全くいません。
「ちょっと海岸沿いをのんびり散歩を」というような雰囲気などではなく、なんか殺伐としてました・・・。元々ブラブラ観光するようなエリアじゃなく、国際フェリーの発着があるだけで、あとはよそ者に用は無しといった雰囲気。
そしてよりによって、そこで道に迷ってしまいましたが。。。


アテネの街中でも一本路地裏に入ると、ちょっと嫌な感じがしたりする場所もあったりと、ギリシャの格差のリアリティというのも垣間見たような気がします。


↓ 道に迷っている最中に撮ったもの。天気が良かったのが救いです。

IMG_0069



良かったのがワイン。
味もさることながら、ラベルのギリシャ文字に何とも言えない雰囲気があり、ギリシャ神話を思い起こさせるのと、いかにも読めなさそうなところが神秘的で良いです。

有名でなくともワインが美味しい国というのは、ハンガリーやギリシャなど実は色々あるのですが、自分の国で消費してしまうので、輸出に回らず、日本でもイギリスでもあまりお目にかかることができません。
街のワインバーでは、ローカルのワインなども紹介してくれて、楽しかったですね。

IMG_0064

↑ 英語にすると「ALFA」?。値段もリーズナブルでした。


あと、アテネの街中にお寿司屋さんがあったので、ついつい入ってしまいました。
ロンドンのスーパーでも「Greek Sea bream」「Greek Sea bass」などと、魚コーナーでギリシャの名前はよく目にします。それならギリシャで新鮮なネタを食べて美味しくないはずがありません。
(同じ白身魚でも日本のものより脂がのっていて美味しい気がするのですよね)

ギリシャというと、映画「マンマ・ミーア」に出てくるような、リゾートの島のイメージばかりがあるかもしれませんが、アテネでの街歩きもまた違う魅力があるものです。


ギリシャ旅行記が本題ではなかったのですが、長くなったので次回に続きます。


■ギリシャ(Greece)、ギリシャの(Greek)
■鯛(Sea bream)、スズキ(Sea bass)