前回の続きです。

イギリス版消費税は「VAT」(valued added tax)と呼ぶのでした。
2014年現在、税率(tax rate)は20%に設定されていますが、ベーシックな食料品、書籍、新聞、子供服など、
生活に必要なものにかかってこない点は日本と違っています。

なので、「日本は外国に比べて消費税率が低い!もっと引き上げるべきだ!」という主張は、大筋では理に
かなっていても、それだけではちょっと乱暴だということになるでしょう。


さて、「ぜいたく品(luxury goods)に課税する」という、このVATのコンセプト。
実際何に課税されて、何に課税されないか、ボーダーラインを探ってみると結構面白かったりします。
イギリスのスーパーなどで商品の値札を見ても、ただ金額が表示されているだけなので、そもそもそれが
税金対象になっているモノかどうか、パッと見ではわかりません。

ここで少しご紹介をば。
(※厳密には「0%税率(zero-rated)適用」ですが、ここではわかりやすく「非課税」とします。)


・肉や魚、野菜や果物、このあたりは大丈夫。基本的に課税されません。

・飲み物系は、ミルク、紅茶、コーヒーなどは非課税で、お酒やジュースは課税。ミネラルウォーターもなぜか
課税。「水道水(tap water)を飲め!」ということでしょうか。

・お菓子系はやはり「ぜいたく」とみなされるのか、スナックもスイーツも課税されるものが多いです。

しかし同じチョコレートビスケットでも、チョコチップは非課税で、チョコレートでコーティングされていると課税
これは使っているチョコレートのボリュームが重要ということでしょうか。
(試しに、オレオのチョコビスケットと、マクビティのDigestiveチョコビスケットを買って、レシートをチェックして
みたところ、前者は非課税、後者は課税でした・・・。)

他にも
・殻に入ったままのナッツは非課税で、殻から出ているものは課税。
・リンゴ飴(toffee apple)は非課税で、砂糖やチョコでコーティングされたフルーツは課税。

などなど

こうして見ると、同じスイーツでも、素朴なもの、手間のかかってないもの、イギリスの伝統的なお菓子etc
には税をかけない、というトレンドが何となく見えてきます。


イギリスの「歳入関税庁」(HMRC)というお役所が出している税のルールブックのようなものがあるのですが、
追いかけていくほどに迷宮の奥へと導かれていき、理解不能になっていきます。

もしこんな分類を日本でもやられたら、スーパー、コンビニなど、小売りで働く人たちはたまらないでしょうね。


■生活必需品(essential goods, essentials)、ぜいたく品(luxury goods, luxuries)
■免税(exempt)