そういえば9月23日、日本は「秋分の日」でお休みでした。
昼と夜の時間が同じになることを英語で「equinox」というらしく、秋分の日は「autumn
equinox」、春分の日なら「spring equinox」となります。
1年前も誰かに聞いた気がしますが、なかなか覚えられません・・・。

イギリスはとにかく祝日(national holiday)が少なく、なぜ日本では「海の日」とか「山の日」
とか「敬老の日」などがお休みになるのかと、あらためて聞かれると説明に苦労しますね。


さて、国会の議席で多数派となった党のトップが首相になり、その首相は、自分の右腕、
左腕になって働いてくれる閣僚(Cabinet ministers)たちを指名し、内閣を作り上げます。
最近日本でも安倍内閣改造などと出ていました。まさにああいう人事をやるわけです。

一方、野党サイドが国会の中で与党にモノ申していくのはどこの国でも同じですが、イギリス
ではこれをもっと組織的にやります。
具体的に言うと、野党が「影の内閣」(Shadow Cabinet)というものを作るのです。

「影の・・・」と言うと、なんか地下で密談を交わし、暗躍する人たちのように聞こえますが、
そうではありません。これはちゃんとした役職、肩書きであり、メディアに登場する時にも
「Shadow minister ●●MP」のような感じで紹介がされます。

それぞれの分野を専門に見れる人間を立てて、与党が作り上げた内閣に対抗させる形
をとることで、より中身のある議論が可能になりますし、与党から政権を取り返した暁には、
既に「影で」組閣したメンバーがそのまま就任すればよいので、流れを損ないません。
そういう意味ではまあまあ合理的なシステムと言えるでしょう。

テレビで観たことがある方も多いと思いますが、イギリスの国会中継を見ると、やたら狭い
ところに人がひしめきあっていて、こっちまで息苦しくなってきます。

国会で、与野党双方の閣僚たちは前の方に座っているので、「frontbencher」(フロント
ベンチャー)。
また、その他大勢のMPは後ろの方に座っているので、「backbencher」(バックベンチャー)
と呼ばれることがあります。

■Cabinet(内閣)、Cabinet minister(閣僚、大臣)