Kind Regards。

英国ネタをこつこつ載せてまいります。

「英語が話せないので海外に行くのは心配だ」という人が時々います。

そんなことを言いつつも、日本人は基本的な英単語や文法などはある程度わかっているので、行けばそれなりに何とかなるものです。本当に英語の通じない場所に行くと、もうどんなに簡単な単語でも通じないわけですから、それに比べればイギリスなどは全然大丈夫じゃないでしょうか。


けれど、手持ちの英語で何とかなるよね、という状況とは全く逆に、何年経ってもどれだけ勉強しても、苦手な英語というのもやっぱりあります。

例えば、「Lorry」(タンクローリー、大型のトラックのこと)とか「Trolley」(スーパーのショッピングカートのこと)みたいに、「L」や「R」がたくさん出てくる単語がその筆頭で、いくら真似てみてもネイティブと同じようにはなかなかしゃべれません。特に「R」の発音に悩まされるというのは、日本人ならほとんどの人が経験するのではないでしょうか。


ちなみに、ロンドンのおすすめレストランの一つに挙げてもいいと思う中に、「Orrery」というフレンチがあります。
雰囲気も含めて、レストラン自体はとても好きなのですが、どうも名前だけは苦手です。こんなの、もう単語の6分の3が「R」で独占されているわけであり、正しく発音できるわけがありません・・・。


ふと思うのですが、食べ物に人それぞれ好き嫌いがあるように、実は英単語にも人によって苦手なものとか、相性の悪いものがあるんじゃないでしょうか?
この単語だけはどうしても言えないとか、どうしても覚えられないとか。


例えば、「threshold」という単語。
無理やりカタカナで書くと、「シュレショウルド」のようになるのでしょうか。

私の場合、これがなかなか言えません。

辞書をひくと、「閾値(いきち)」などとむずかしい言葉が出てくるのですが、意外に英語ではニュースなどでよく登場してくる単語。例えば、「income tax threshold」ならば、「所得税が発生し始める所得の水準」という意味であり、何かの「ボーダー」とか「リミット」のような感じで使われます。

このほかにも、「玄関の敷居」という意味もあり、生活用語としても使われるので、知っておくと便利かもしれません。



ちょうど年末に日本でテレビを観ていると、夜中に何かの番組のミニコーナーで、なぜかイギリスにまつわるクイズを一問だけやってました。
確か、「イギリスでは、新婚のカップルが新居に入る時に必ずあることをします。それは何でしょう???」という感じの問題だったと思います。

ホテルの部屋で荷物の整理をしつつ、「何だろう??」と一瞬固まってしまいました。


答えを言ってしまうと、「抱っこ」。
新婚のカップルが新居の敷居(threshold)をくぐるときに、新郎が神父を抱え上げて・・・、いや、新郎が新婦を抱え上げて、お姫様だっこをしながら入るというのが、イギリスの一つの慣習だというのです。

これは私も知らなくて、聞いた時には「嘘くさいなあ」と思っていたのですが、試しにイギリス人に出題してみると、「あー、あれでしょう!」とすぐにピンとくるようです。

やはりその時は自分もした(された)のですか?と聞くと、遠い目をしてウーンと考え込んで、「多分された」とか、「確かしたはずだ」とか・・・。
イギリスでは必ずやらないといけないのですか?と聞くと、「重さにもよるのではないか」などと、ロマンチックでない答えが多いのが逆にとてもリアルで、これは確かに一つの慣習かもしれないと思いました。
(もっと結婚して日が浅い人がいればよかったのですが)


まあ結婚前に同棲したりするのは当たり前になっている時代ですから、そんな伝統もだんだん意味を持たなくなっているのかもしれませんね。

でもなかなか面白いので、もし知り合いや英語の先生にイギリス人がいたら、ぜひ話のネタにしてみてはいかがでしょうか。私にとっては納豆ぐらい嫌いな単語、「threshold」を使ってみる練習にもなりますし。


■慣習(custom)
■玄関の敷居(threshold) ※「新婦を抱っこして敷居をくぐる」なら、carry the bride over the threshold
■新郎(groom)、新婦(bride)

今の時代、中学・高校の段階で、修学旅行(school excursion)や研修旅行として、海外に行くプログラムを持っている学校が結構あります。私が通っていた学校も何年も前に取り入れたようで、自分の時にこれに行っていたら、後々もっと楽だったんじゃないだろうか・・・と思わずにはいられません。

当時の行き先は確か北海道で、親に頼まれたウニと毛ガニを買ってきたこと(自分は食べてない)と、摩周湖のボヤーっとした白い霧(それ以外は何も見えず)と、じゃがバター(紙コップ入り)しか記憶になく、今にして思えばあの旅行はいったい何だったのか、という感じです。

それならば少々高くついても、カルチャーショックをガツンと受けるであろう海外に行ったほうが、お金で買えない価値があるのではないでしょうかね。


一番良いのは、現地に行って言葉に苦労すると、「これはヤバイ・・・。英語をもっとやらないと!」という大きなモチベーションになってくれることです。

試験の英語などは、わからなければもう一度前に戻って読みなおせばいいですし、リスニングだって少々間違えても点が取れないだけの話です。

ところが生身の人間を前にしていると、自分も何かリアクションしないといけないわけで「待ったなし」ですし、大事なところで聞けないと、わが身にダイレクトに跳ね返ってきます。英語を読んだり、憶えたりする時とは、脳のちょっと違う部分を使っている感じもわかります。
そしてこれがわかれば、文法の教科書や単語帳にかじりつく勉強方法から抜け出さないといけないことにも、早い段階で気付くはずです。(かといって、「聞き流し」でいいとは全く思いませんが・・・。そんなのでペラペラになるなら誰も苦労しません。)

あと、学校が連れて行ってくれるというのも安心です。
一回誰かと一緒に行っておくと、そのあとで自分で海外に出ようと思った時に、フットワークが全然違うと思いますからね。


基本的にイギリスというのは、アメリカや他のヨーロッパの国に比べれば治安は良いので、あまり心配することはないと思いますが、パッと頭に浮かんだ注意点だけ挙げてみたいと思います。


ありきたりながら、まず、車には気をつけましょう。

イギリス人というのは、なぜか横断歩道(crossing)の信号をあまり守りません。何をそんなに急ぐ必要があるのか、結構ギリギリを攻めて、見ていてヒヤッとすることも・・・。あまりにも無視する人が多いので、きちんと待っている方が間違っているような気がしてくるぐらいです。

それに街中に行くと、あのでっかい二階建てのバスが歩道のすぐそばを走っていますから、コーナーなどで巻き込まれたりしないように、車道からは距離をとっておきましょう。


↓ これは観光用の二階建てバス。・・・このタイミングではさすがに信号を守っているようです。

P9290079



それから、ビッグ・ベンなどの観光地でウロウロしているパフォーマー。一緒に写真をとってやるなどと言ってきますが、サービスなどと思わずに、無視しときましょう。ああいうのは勝手にお金を要求してきますから。もちろん支払う必要などはありません。


細かなところでは、ロンドンの繁華街に立っている標識やら街灯やらのポール。
このポールに看板などがゴテゴテと括り付けられていることがあって、無防備に針金が飛び出ていたり、時には釘っぽいものまで露出していることもあって、あれは危ないです。しかも人の顔や首ぐらいの高さに・・・。
スマホでよそ見しながらとか、ふざけて押しあったりとか、やめましょう。


あとはスリ(pickpocketing)でしょうかね。
これをやられたという話はオトナの日本人からもよく聞きますし、日本でたまに見るような、お尻のポケットに長財布、なんていうのは「取ってください」と言っているようなものです。

いつだったかウェストミンスター寺院に行った時、一緒にいた人がデジカメをスラれた、ということがありました。
しかしここは入場料(entrance fee)だってきちんと支払う場所・・・、「入ってしまったら観光客しかいないだろう」という油断(carelessness)を利用するスリもいるということです。



ところで、日本でカフェに入った時、店内が混んでいると、店員さんに「お席を先にお取り下さい」と言われることがあります。そんなこと言われても・・・といつも思うのですが、「立ち飲みしたくなければ、何か自分のものをテーブルに置いておけ」と言いたいのでしょう。

これはちょっと海外では考えられないことであり、たとえイギリスであっても、普段のクセでやってはいけません。どうでもいい私物ならまだしも、バッグや貴重品(valuables)などを置いてしまうのはやっぱり危ないです。


学校のプログラムの中には、旅行だけでなく、提携しているイギリス郊外の学校に行って、英語を勉強したり、現地の生徒と交流したりというパターンもあったりするようです。ロンドンから離れれば、それはそれで自然豊かなイギリスの魅力が広がっていますし、行って損になることなど何もないと思いますね。


■横断歩道(crossing) しましまなので 「zebra crossing」とも。
■スリ(pickpocketing )、強盗(robbery)、万引き(shoplifting)
■貴重品(valuables)

いつだったか、イタリアからヒースローに向かう飛行機の中で、たまたま年配の日本人の女性と席が隣になったことがあります。

最初は一人で旅行されているのかと思いきや、どうも旦那さんとたまたま席が離れてしまったようで、
「旦那は後ろでイタリア人の若い娘と隣になれて楽しんでるようだから、私もいいのよ!」と、イタリア的で、開放的な発言が・・・。一体何をされるのかと思いましたが、心配をよそに、いろいろ普通のおしゃべりを楽しむことができました。

自分にとってはまだまだ先の話ではあるものの、リタイアして自由になってから海外を旅してまわるというのは、やっぱり楽しそうだなあ、とこの時思いましたね。
もちろん、そのためにはある程度経済的な余裕もないといけないので、なんとか頑張りたいところです。


ちなみに、私が子供の頃には海外旅行に行くという習慣などは全くなく、周りでもそんな話をほとんど聞いたことがなかったですね。海外というのは別世界のVIPな人たちが行くものだ、というイメージをずいぶん長い間持っていたような気がします。
今や年末やゴールデンウィークにもなると、大人のみならず、普段学校や塾でストレスを抱えた子供まで、「たまには羽休めを・・・」とテレビで堂々とコメントしていたりするわけですから、これは負けていられません。



さて、「イギリスの原風景を求めて・・・」などというと何かカッコイイですが、イギリスに着いてから、一番最初に私たちが目にするイギリスの風景はイヤでも空港です。

旅慣れた人は別として、海外は初めてという人だってそれなりにいるわけで、巨大なヒースロー空港に着いた時に、いったいどんな感じなのか?あらかじめ写真で見ておくと、安心かもしれません。


飛行機から降りると、黄色い表示板にしたがって「Arrivals」の方に向かって歩いていきます。

すると、この人だかりコーナーに突き当たることになるでしょう。これが以前の記事にも書いた、悪名高いイギリスのパスポート・コントロール。飛行機に預けた荷物を受け取る前にここを通過しないといけません。

P9070015


日本人は「All other passports」の方に進んでいき、ここでパスポートと記入済みの「入国カード」(immigration card)を提示し、入国審査を受けることになります。タイミングにもよると思いますが、30分待ちぐらいは全く珍しくありません。

出張などの場合は、勤めている会社の名前や、職種を聞かれたりすることはあるようです。
Who do you work for?」 これは勤め先を聞く時のお決まりの言い方で、知っておいて損はありません。

旅行の場合は別に突っ込まれることはないでしょう。ただ、知り合いや友人のイギリス人を訪ねてきたとか、余計なことを言うと、「ずっと滞在するかもしれない」という疑念を掻き立てることになるので、必要最小限に。



これが終われば、荷物のピックアップ。
普通に考えれば、この段階ではもうリラックスしていいはずなのですが、やはり稀に荷物の紛失(lost luggage)があるので、困りものです。
私の場合は、荷物が一向に出てこず、新年早々ここで1時間ぐらい待ちました・・・。

P9070020



そして、税関(customs)。
まるで信号のようですが、特に申告するものがなければ、緑の出口からそのまま出ていけばいいだけです。

P9070022


たまーに係員に引きとめられて、検査されている外国人を見かけたりします。あれは荷物を全部引っ張り出されるわけで、たまらないでしょうね。


税関ではありませんが、ヒースローの搭乗セキュリティチェックで、「マイナスイオン歯ブラシ」の金具で引っかかって、トータル手荷物検査を受けたことがあります。ただでさえ列で待たされて時間もないのに、「分解して」と言われて、これにはさすがにキレてやりました。
今考えれば、そんな気の利いた歯ブラシはイギリスにはありませんし、係員の判断はわりと正しかったのかもしれませんが・・・。

■ヒースロー空港(Heathrow airport)
■入国カード(immigration card)
■荷物の紛失、ロストラゲッジ(lost luggage)

↑このページのトップヘ